Countach 80

2015.10.3 代替品50号が届いた。

配線を接続してみたが復旧しない(音が出ない)。

諦めることにした。

上台と下台を合体して点灯試験。

一度コネクタから線が抜けてしまい点灯しなかった。

線をコネクタに押し込んでご覧の通り復旧。

タイヤ・リアウィング・サイドパネル・フェンダを取り付けて完成!

少し黄色み掛かった後ろ姿がいい色してる。

いや~長かった。

2013年秋、電験3種に合格して自分へのご褒美(浮かれて)で後先考えず定期購読を開始。

第1号を買ったあとで80号まで続くと知ったときはどうしようかと思ったが、結局最後まで買ってしまった。

実はまだナンバープレートを付けていないのだが、10/31というキリのいい日にここまでできたから、取り敢えずの完成とする。



反省点

【1】上にも書いた通り音が出ない。

定年後に直す。

【2】リトラクタブルライト

LEDを交換したせいで出っ張ってしまい、閉じない。

【3】部品欠落

組み立てている最中、取り付けたはずの部品がどこからか落ちた。

マフラーの部品と黒色の5cm弱のチューブ。

【4】フェンダ

他の方のブログを拝見すると、上手くいかないことが多いようだ。

形状からして合わないこともあるらしい。

幸い僕のは形状は問題ない。

摩擦で固定するということができず、落下してしまう。

接着した。

将来の修理はどうしようか。

【5】LED

ヘッドライト以外のLEDも手を加えたかった。

【6】ナンバープレート

上にも書いたが、自作する。

これも定年後か?

過去の写真を見ないとわからないが、昔僕が乗っていたクルマのナンバーを使おうかと考えている。

例えば昔の僕のクルマが

「練馬33 さ 1234」

だったら

「川崎33 ゑ 1234」

(川崎ナンバーのカウンタックなんて実在しないだろう)

【7】作業方法

このカウンタック君に限ったことではないが、今回の制作を通して作業方法を学んだ気がする。

途中、部品を一つ紛失してしまった。

幸いディアゴさんからいただくことができたので事なきを得たが、作業中の部品の管理が甘かったことを反省している。

【8】商品に対する不満

ドアがヨロヨロ。

何とかならんかねぇ。


余裕ができたらデンドロビウムかネオジオング作りたい。



パパの勉強部屋

走るオッサン